ペイロード分散プロジェクト(クイーンズランド大学)、2015年

Ali Soofastaeiは現在、VALE のMaintenance Centre of Excellenceでスペシャリスト (データアナリスト)をしています。人工知能(AI)の方法に基づいた新しいモデルを使用して、生産性、エネルギー効率を高め、採掘作業の総コストを削減します。

Soofastaei博士は、機械工学の学士号を取得しており、エネルギー管理(EM)と機器保守ソリューション(EMS)を深く理解しています。 AIおよびバリューエンジニアリング(VE)の方法に関する広範な研究を工学修士課程で行ったことによって、EMとEMSに関するかなりの専門知識を習得しました。 クイーンズランド大学の博士課程奨学生として、またTA(Teaching Assistant)として、機械工学・鉱業工学の学部生および大学院生に5年間実践的な指導をしました。

過去12年間に、Soofastaei博士は、学術および産業分野でさまざまな研究を行ってきました。エネルギー効率機会(EEO)、VEおよびデータ分析に関する深い知識を得ています。 また、採掘作業におけるエネルギー消費の有効パラメータの数を最適化するために、データ分析でAIの手法を使用することに熟練しています。

Aliは10年間石油、ガス、および鉱業分野で働いており、教師や講師として7年間の学術経験があります。

以前の石油・ガス業界での経験は彼に強い知識をもたらし、また,EMとEMSのバックグラウンドが専門的なチームおよび学際的なチームで働く能力を強化しました。

いくつかの研究グループの一員として、Soofastaei博士は、オートメーション(電気技術者、コンピューター科学者など)、メンテナンス(機械技術者、電気技術者など)、生産(すなわち、冶金学者)分野の同僚との現場での検査、問題の特定、ブレインストーミングセッションに積極的に関わっています。

Aliは多くの研究プロジェクトを完了し、その結果を多くのジャーナルや会議の論文に発表しました。 また、3つの特許と3つのソフトウェアパッケージを開発しました。